ウーマン

医学部に合格したいなら個別指導で徹底的に勉強できる環境を作ろう

難関学部を突破する受験法

ドクター

地域枠推薦を狙って受験

医師になるためには大学の医学部に合格しなければなりませんが、非常に狭き門です。一浪や二浪する学生もたくさんいます。大学を選ばずに確実に医学部に入学したい場合、地域枠推薦や地域枠出願を狙うという方法もあります。国公立大学の医学部では地域医療を充実させるために地域枠を設けているところがあります。そのような大学を受験すれば合格する確率は高くなります。地元以外の学生でも地域枠で受験できますが、面接があるので地域医療への情熱を見せる必要があります。医学部受験用の個別指導塾では、地域枠に合格するための勉強方を指導してくれます。面接の要領なども教えてくれるので、一般の医学部系予備校へいくよりも個別指導塾の方が有利になります。

マンツーマンの塾を選択

難関の医学部へ現役で合格するのは難しく、浪人する学生が多いです。現役で合格している学生はどのような受験勉強をしているのか知ることは重要です。そのような学生は早い段階から志望する大学を決めていることが多く、その大学用の受験勉強をしています。例えば一般の予備校の医学系コースを選ぶより、医学部に特化した予備校や医学系の個別指導塾に通った方が現役で合格する人が多いのです。特に個別指導塾はマンツーマン方式なので、生徒1人1人の個性を講師が把握しているので、弱点の補強に力を入れています。医学部を目指す学生は一般的に3浪で一区切りつけるケースが多くなっています。3浪して諦めるのは辛いものがあります。早めに志望校を決定して、その志望校に多くの学生を入学させている個別指導塾で勉強するのが一番良い方法です。

面接の対策は入念に行おう

面接

面接対策では、礼儀やマナー、動作などの基礎をきちんと身につけ、その上でよく聞かれる質問の回答などを考えておく必要があります。また、事前の対策だけでなく、スムーズに面接会場へ行けるようにきちんと下調べを行なっておきましょう。面接本番では緊張することもありますが、落ち着いて対処することが大切です。

入学後の姿をイメージする

女の人

進学イベントとしてポピュラーなのがオープンキャンパスです。ただオープンキャンパスに足を運べない人もいます。そのため、地元で開催される進学イベントに参加するのも、情報を集める上でのいいきっかけになることがあります。

効率的な受験勉強の方法

勉強する女性

大学入試は国公立と私立で一次試験の取り扱いが大きく異なるため、それぞれに応じた対策と情報収集が必要です。実際の受験勉強においては、各科目の配点と難易度を把握したうえで、どの科目を重点的に学習するのかを決めておきましょう。